投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

第二回 協会記者会見開催報告 BY 章

イメージ
新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。
協会の話題をいち早く?お届けする覚悟で、頑張ります。
更新します。


第二回 現代俳句協会記者会見開催 2019年1月25日午後一時より開催されました。

今回の出席者は、第一回の『角川』『俳句界』「俳壇」『俳句四季』
『俳句α』に加えて『NHK俳句』に参加していただきました。
協会側は、中村会長、対馬副会長、柏田幹事長、佐怒賀広報部長
神野青年部長、網野顕彰部長他。


左側に各紙編集長、右側に協会役員 中村会長挨拶しているところ
今回の会見の発表内容は二つ 1.青年部編集の『新興俳句アンソロジー』出版のお知らせ 2.現代俳句協会新人賞のリニューアルについて

これが噂の本!

これが噂の編纂者 神野紗希青年部長 神野青年部長から、この本編纂の経緯、内容等について 縷々説明がなされ、質疑応答に入った。 各紙ともこの力技ともいえる本の出版に賛意を示し また、内容の従来にない新鮮さに驚いたとの発言をされた。 特に従来、新興俳句運動との関連がない作家と見做されてきた 石田波郷などの人間探求派も、運動の影響を受けた俳人として 捉えなおした点など評価されていた。 また 執筆陣の若さにも注目が集まった。 狙いは、現在の俳句の状況を新興俳句時代を鏡として 20代から40代の青年がどう考えているかを示そうというものだ。 神野部長は言う