投稿

昭和俳句作品年表を読む その7

イメージ
俗吏とし老いメーデイの列にあり岸 風三楼 35歳(1910年生まれ)
岸は大阪逓信省に勤めたので「俗吏」と自らのことを言った。ホトトギスを経て富安風生に師事して結社「若葉」運営に尽力した。一時(昭和10年)「京大俳句」に参加していたことから昭和15年に家宅捜査され、逮捕の危機があったが逓信省高級官吏の風生に救われたという事情がある。昭和19年に「若葉」の編集長に就任しているので国内で敗戦を迎えた。前に述べた安住敦は岸と逓信省という職場が同じであった時期があった。昭和18年頃、「旗艦」に参加していた安住敦は官憲の眼を逃れなければならない事情下で、岸を通して「若葉」に投句していた時期があった。ある年齢の国家公務員で国内にいた俳人の敗戦時期はこのようにどこか似ている。正直に言えば少し余裕のある位置にいたと言ってもいいだろう。戦争のことだけでなく俳句のことを、結社のことをいささか考えることができたのである。だが敗戦を機に事情は一変した。官吏と言えども食糧危機は平等であった。メーデーは昭和21年5月1日に第17回として復活した。折からの食糧不足で、皇居前に約100万人集めて「食料メーデー」と言われた。岸がどこでメ―デイの列にあったかわからないが大阪でもデモはあったのだろう。当時は35歳で「老い」と言い得たのだろうか。戦場にあっておかしくない年齢である。徴兵制では17歳か40歳(1943年以降は45歳まで)までが徴兵検査を受けて兵役を課されている。関西大学の渡辺勉教授の研究(「誰が兵士になったのか」社会学部紀要119号)によれば、太平洋戦争の時に700 万人以上もの人が兵士として戦地に行った。そのうち戦死したのは 200 万人近くと言われている。終戦時の日本の人口は約7200万人で軍隊にいた人は 全人口の 18.6%で約1340万人。20 歳から 40 歳までの男子人口 に対する割合では 60.9% にも上ると言われている。 まあほとんどの男子が戦争に行って不思議ではない時代だった。これまで出てきた上村、安住、岸などはこの世代に入る。同じ渡辺の研究によればこの時代は兵隊にとられた方も生活が一挙に苦しくなったようである。 1920年代後半の青年労働者の平均月額給料は平均50円(現在の約20万円)、ところが兵隊の給料は5円50銭で銃後の家庭には9円(現在の約3.6万円)しか支給され…

大分県現代俳句協会に拍手!

イメージ
大分県現代俳句協会が俳句初心者向けの新たな活動を始めました。
下の写真はそのパンフレットと小冊子です。
『俳句読本』は足立 摂さんがまとめました。
よくできた初心者向けの案内本です。


チラシの表と小冊子

チラシの裏側

俳句読本


読本の目次です

内容の一端
このような積極的な取り組みは素敵です! がんばれ大分!



昭和俳句作品年表を読む その6

イメージ
畔の榛ひととほるときそびえたつ川島彷徨子(35歳 1910年生まれ)

川島は神奈川県の厚木生まれである。俳句は臼田亜浪に直接師事した。昭和3年に『石楠』に
投句して昭和5年には巻頭を得た。早稲田大学に進んだが肺病で休学、昭和13年に応召し14年
には痔の手術で除隊。15年に結婚。川口市に新居を定めて戦後もここにいた。
 篠原梵や大野林火と年代的には近い。
俳人というよりも詩人に近いなどと掲句を納めた句集『榛の木』で評価を得た。

 芽吹く樹々とほきはただに枯れる樹々  昭和14年  落葉松林人をひとりにかへらしむ    昭和15年

 この句を見て私は思い出す絵がある。佐藤哲三の「みぞれ」という絵である。描かれているのは
新潟の蒲原郡の曇り空と畦とトリネコの木であるが、まさにこの句のような光景である。佐藤の生
れは川島と同じ1910年である。
  絵は1953年に描かれたものだが、不思議な暗合を思うのだ。佐藤も体を壊して戦争に入って
いない。川島もそうだ。このような境遇に陥ってしまって戦争に行けなかった、あるいは行かなか
った人間の戦後の気持ちは複雑極まりないものであったろ。その気持ちが表現に向かわせるの
だろうか。  トリネコの木も榛の木も田の畦に植えられて、稲を干す竿を掛けるのに使われる。高さは15m
ほどにもなるというので掲出句の「そびえたつ」という措辞になる。敗戦間もない農村地帯はある
意味で変わらない風景であったことを示す句である。だが「そびえたつ」の措辞に、多くの兵隊を
国にとられて実際は若い人がいない村の寂しさをかすかに込めたのかもしれない。


佐藤哲三 『みぞれ』

令和2年初めての記者会見

イメージ
俳句ムービーコンテスト開催
協会は株式会社図書館流通センター(TRC)とパナソニック株式会社、ふるさと写真交流倶楽部と共同して俳句ムービー®コンテストを開催することになりました。
令和2年2月26日午後2時より日本記者クラブで記者会見を開きました。

このコンテストは、現在行っている図書館俳句ポスト事業の拡大版として協会は考えております。各月の特選句を題材にして、短編ビデオ動画を作成していただきコンテストに応募していただくシステムです。

当日は中村和弘会長、TRCから谷一文子取締役、パナソニックから津村敏行部長、ふるさと写真交流倶楽部藤倉洋事務局長が出席されてプレゼンテーションが行われました。




コンテストの詳細は下記にアクセスしてください https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000344.000024101.html
参考映像は下記にアクセス
「俳句ムービー(R)コンテスト」ティザーサイト https://furusatophoto.jp/haiku-movie/

昭和俳句作品年表(戦後編)を読む その5

生きて啖ふ岳州の蛇うまかりき 神生彩史35歳(1911年生まれ)

岳州は現在の中国の岳陽市で洞庭湖の傍の都市である。神生はここで終戦を迎えたのだろう。
戦史を見ると陸軍最大の作戦一号作戦が1944年に行われ、神生はこの中にいたと思われる。
この作戦は中国大陸の米空軍基地を破壊して本土空爆を阻止する目的と、海からの南洋諸島、
インドシナへの補給路がダメになってそれに代わる陸路の確保が目的だった。だがその作戦も
米軍にマリアナ諸島をとられて本土空襲が可能になり、目的を達しつつも作戦の意味が消滅して
しまった。  米軍がマリアナから飛び石作戦での本土空襲へ戦略変更をすることにより、トラック島で米軍とは
戦わず、飢餓と闘って終戦を迎えた金子に対して、神生は岳州で終戦を迎えてたわけだが、この
戦略変更で金子も神生も命を長らえたと言えるかもしれない。復員は46年6月頃から始まった模様
である。7月4日神生も帰国していた。金子より4カ月前であった。  神生は戦後句風が変わったと言われている。下記のように掲出句を挟んで戦前、戦後の句を
並べてみると確かに変化は確認できる。モダニズムを志向した12年の句に対して、戦後25年の句は
桂信子や山口誓子の即物主義の影響がはっきりしている。この両者に比べて21年の句は「生きて啖ふ」
が生な措辞であることが目立つ。これはやはり戦争から解放された人間の生な声であって、そこにまだ
作品を作るといった構えが芽生えてはいないのである。この意味で昭和21年の句とは、各作者の無防備
の生な姿が出やすいと言えないだろうか。

 秋の昼ぼろんぼろんと艀ども   昭和12年作  生きて啖ふ岳州の蛇うまかりき  昭和21年作  荒縄で縛るや氷解けはじむ     昭和25年作

昭和俳句作品年表(戦後編)を読む 4

長らくブログ更新を怠ったことをお詫びします。ネタがないときの為に書き綴っている昭和俳句作品年表の句に対する考察を入れるのさえ怠ってました。これから頑張ります。今年は協会の様々な取り組みが開花するときです。ビビッドに伝えていきます。
失礼しました。加藤楸邨の句に関してはその3でアップ済みでした。2020年1月27日新しい記事を追加しました。
水脈の果て炎天の墓碑を置きて去る 金子兜太 26歳(1919年生まれ) その一人が金子兜太である(加藤楸邨の回の最後の文章に続く)。  ご多分に漏れず彼も、軍上層部の無策のため、米兵との肉弾戦はなく、戦略的に取り残された地(トラック島)で飢えと戦った人間である。大砲を外した日本の駆逐艦で終戦の翌年11月復員した。記録的には<11月5日から1946年2月6日までに、駆逐艦波風、初櫻、柿、響、楠、海防艦占守、奄美、宗谷およびアメリカ軍の戦車揚陸艦によりトラック島を出発、1945年11月10日から1946年2月13日の間に復員(海軍、24524名)を完結した。『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦<1>マリアナ玉砕まで』付表第6。>との記録があるが、金子の『わが戦後俳句史』には<昭和21(1946)年十一月、石鹸に詰め込まれた句稿といっしょに浦賀に上陸した・・・」とある。そこでDDTを吹きかけられたとも記述しているので、先の大場白水郎の句のところで述べた浦賀の検疫を、金子も受けていたのである。  金子自身が、戦後の俳句、いや自身の俳句の原点だと言っている掲句だが、不思議なことに金子の『わが戦後俳句史』にはこの句に関する叙述が無い。2011年の朝日新聞のインタビューでは「時代の代表句」と自分でも言っていたが、出版された1985年当時はそのような感覚はなかったようである。その代わり次の句を上げている。加えて「現在までの自分の生き方は『船酔い』だったのだ」と金子らしい感性で戦争時代までの人生を表現している。
 北へ帰る船窓雲伏し雲行くなど 金子兜太

 金子は掲出2句を含めた3句を句集『少年』に帰国(三句)として納めた。彼は復員船の甲板上で「自分の基本的な生き方をどうするかを考えながら」雲を見ていたという。帰ったら楸邨の『寒雷』でまた俳句を始めることも決意していたと書いている。15か月の外地での捕虜生活はある程度食事も提供され、未来考える時間があったのであろう。そ…

第二回俳句OJT募集中(第一回参加者の声)

イメージ
第一回参加者の声を纏めました。


第一回俳句OJT参加者の声
20代女性大学院学生
[参加しての感想]  まず、とても楽しかったです。句会どころか、俳句を作ること自体がほとんど初めてだったため、毎回のやり取りがすごく為になりました。自分では注目しないような点を詠んだ作品が多く、良い刺激を受け取りました。参加者の作句経験が様々だったため、詠みの勉強としてとても良い場だったと思います。  毎週句会用の句と添削用の句を作るのは大変でしたが、最高に楽しかったです。本当に大変でしたが・・・・。 [お薦めの言葉] 俳句を全く作ったことのない方でも、型を一つ一つ学ぶことで少しづつ作句を学ぶことができます。句会では、良いところはもちろん、どこが伝わりにくいのかとかその句の可能性を議論できるので勉強になりました。
40代女性会社員 [参加しての感想]  楽しかったです。 休みがちでしたが参加した回は全て楽しかったです。やはり平日の夜は出席率を考えると難しかったと思いましたが、俳句を作り続けることが大事だと思いました。 [お薦めの言葉]  毎週俳句を作り続けることは一言「大変です」。でも作り続けることで型や季語の選び方に気を付けるようになります。歩く道や通勤電車の窓に流れる景色を見ても俳句の種になることが嬉しいです。
40代男性会社員  [参加しての感想] ・強制的に作句しなければならない環境に身を置いて鍛えられた。 ・添削指導が将来思い出した時に一層贅沢だったと思うようになると思う。 ・型から入る視点はためになった。欲を言えば、誰にもとられなかった句を中心に、型を軸にしてどう修正していけるかといったような作句の技の様な事にもっと触れていただければよかった。 [お薦めの言葉] ・毎週投句締め切りがあるので作句力が鍛えられます。 ・少人数なので濃厚な俳句の時間を過すことができました。(ゼミかな)
50代女性会社員 [参加しての感想]  型をしっかりと勉強することができた。 型を勉強することで句の内容に深みが出たのが良かった。意外であった。 他の句会や遠く欄での入選率が上がったと思う。 [お薦めの言葉] 短期間で俳句の作り方が分かるようになる。 初学者の人はもちろんですが、俳句が伸び悩んでいる方、一からしっかり勉強したい方にお勧めです。

中心が講師の後藤章

中心は副講師の寺澤一雄(第二回主任講師)