記者会見を開きました  by 章

現代俳句協会初の試み記者会見を開きました。
2018年11月5日
場所:協会図書室
参加者:角川書店『俳句』、『俳壇』、『俳句α』、『俳句界』、『俳句四季』各編集長
協会側からは、中村会長、対馬広報担当副会長、佐怒賀広報部長、宮崎研修部長、永井編集長、水野事務局長及び三賞受賞者
現代俳句新人賞:なつはづき
現代俳句評論賞:後藤 章
現代俳句協会賞:清水 怜

写真左側に各雑誌編集長、右に協会関係者


協会図書室において開かれた。右側に並んだ協会関係者と受賞者


左側に並んだ各出版社各編集長

佐怒賀広報部長から記者会見開催について、趣旨説明があり、各俳句雑誌編集長の出席に感謝した。今後もトピックがある時期を狙って年に5から6回開催してゆきたい旨説明された。

中村会長から今後も現代俳句協会は広報活動に勤めて、俳句文化の発展に貢献したいと述べられた。

その後、三賞受賞者の会見が行われて、各編集長から質問など受け、活発な意見の交換があって第一回目は終了した。


コメント

このブログの人気の投稿

9月ゼロ句会報告 青年部担当

ゼロ句会10月及び兜太ナイト2 報告者 後藤 章

第一回JAZZ句会報告 by赤野四羽(東海地区所属)